*

日本人におすすめなローマのホテル、Wow Roma B&B

公開日: : 最終更新日:2013/07/04 ,

おしゃれなイス

 

イタリア旅行ではじめに宿泊したローマのホテル。

日本人のマキさんというひとが働いておられるので、日本語でコミュニケーション取れます!
英語もイタリア語もサッパリな私達にとっては安心のホテル!
ホテルは旧館と新館があり、日本人は新館に泊めていただけるそうです。

新館の場所はテルミニ駅東側、ネットなどで出てくる地図は旧館の場所なので注意。
テルミニ駅に着いたら電話してくれと予約時に言われていましたが、小銭も公衆電話の使い方もわからなかったので私達は旧館に直接行ってインターホンを鳴らしました。
そのあとマキさんと一緒に新館へ移動。
移動中にスリについて注意を受ける・・・

実は、出発前から親戚のおばさんやらなんやらに「イタリアはスリが多いから気をつけるんやで!」
と脅されまくってたのです、ここでも注意を受けて更にビビリまくり・・・
最近はiPhoneを盗られるひとも多いそうです。あと、狙われるのは男性がほとんだとか。
私達はイタリア滞在中、地下鉄やバスに乗りまくりましたがスリには一度もあいませんでした。
カバンを持つ時はチャックを必ず閉め、チャックを握りながら歩く。
ガイドマップやケータイを見る時は必ず壁を背にして見るなど、常に警戒していたからかもしれません。

さて、ホテル新館はテルミニ駅の目の前なのですごく便利です!

現在地
ルートを検索

↑ここです、駅のすぐそば!

ただ、ホテルの周りはちょっと治安が悪そう?
新館への目印は漢字で書かれた中華料理店の看板。
日本では見慣れない方式のエレベーターに乗って4階へ、左側がホテル新館となるフロア。

moshi moshi B&Bという名前だったのでホテル新館とは言いつつ別の名称のホテルなのかもしれません。
というかそもそもWow Roma B&Bじゃなくてmoshi moshi B&Bが正式名!?
まぁそれはさておき、部屋に案内してもらって朝食やローマ観光のポイント、無線LANのパスワードなどの説明を受けました。

朝食は24時間いつでも食べてOK、セルフサービス。
置いてあるのはコーヒーメーカー、食パン、砂糖をまぶしたパン、ヨーグルト、ジュース、ミルクなど。

朝食

 

あと、前日の夜22時までに希望すれば白米を炊いてくれるそうです。
冷蔵庫にはしば漬けもありました。

私たちの部屋のお風呂はバスタブ無しのシャワーだけ、バスタブ付きのバスルームがある部屋もあったのでバスタブ付きがいいというひとは予約時にリクエストしてみてもいいかも?
シャンプーや石鹸などのアメニティは部屋には無い。
でも、キッチン前の棚にガサっとシャンプーの山があったので言えば使わせてくれるかも。前に宿泊した人達が置いていったものなのかも。
タオル、シーツの交換は2日に1回
毎日交換して欲しい場合は3ユーロ必要。(たぶん3ユーロやったとおもう)

支払いは現金でもカードでもOK。
ただし!カードの場合は5%の手数料が取られます。
海外ではこうゆうの珍しい気がする。ケチな私達は現金で払いました。
手数料払うのが嫌なひとは宿泊代も考えて両替していったほうがいいですよ~

滞在中はケータイ電話を貸してくれるのでいつでもマキさんと電話で連絡を取ることが可能。
あと、チェックアウト後に観光する場合は荷物を預かってもらうこともできます。
テルミニ駅のすぐ近くなのでこれは便利。
日本人スタッフの女性がもうひとり居たのですが、この人も親切でとても良くしてくれました。
できるだけ安くローマで泊まりたい、でも日本語しか話せなくて不安!
そんなひとにおすすめのホテルでした。

Moshi Moshi B&B
Via G. Giolitti 119 – 00185 Rome, Italy
Tel./Fax (39) 06 485086
Mobile Japanese Language (39) 339 1614900
Email: info@moshimoshibb.com
URL: http://moshimoshibb.com/jpIndex.htm

ad

関連記事

ローマで大人気のピッツェリア、バフェット

ローマにある地元でも大人気な安くておいしいピッツェリア、バフェットです。 私たちがお店

記事を読む

ボルゲーゼ美術館の予約方法

ローマにあるボルゲーゼ美術館は公園の中にある落ち着いた雰囲気の美術館です。 完全予約制なの

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ad

Loading
イタリアの特急列車、ES(ユーロスター)予約方法

街から街へ移動する場合、ツアー旅行なら旅行会社が移動手段を用意して

オリジナルの手作り仮面、フィレンツェのマスクショップ Alice’s Masks Studio

イタリアで仮面と言えばヴェネチアですが、実はフィレンツェにも仮面屋

ローマで大人気のピッツェリア、バフェット

ローマにある地元でも大人気な安くておいしいピッツェリア、バ

航空券の手配:南周り、エミレーツ航空のドバイ経由でイタリアへ

個人手配でイタリア行きを決めた私たちは、とりあえず航空券を手に

ボルゲーゼ美術館の予約方法

ローマにあるボルゲーゼ美術館は公園の中にある落ち着いた雰囲気の

→もっと見る

PAGE TOP ↑